ハリネズミについて②

体について

ハリネズミの体について特徴的な事を上げてみます。

★針は頭からお尻まで約5000本で背中部分をおおうように生えています。
 おなかの方はハリではなくモフモフの毛でおおわれています。
 針は、爪などと同じケラチン質で出来ています。

★体の大きさは20センチ前後・体重は300~500グラムくらいです。

★鼻は、臭いに特に敏感で湿っていて、上向きです。

★歯は切歯10本、犬歯4本、臼歯22本 計36本前歯辺りが隙間が空いてるように見えます。
上下で組み合うような感じで、餌を捕まえる時に便利なようです。

★しっぽも短くてもちゃんとありますが、針はありません。
 ハリケツのキュートなワンポイントです。

★丸くなる仕組みは針の下の輪筋という筋肉を収縮することで
体全体を背中の皮膚の下に引っ張り込んで丸くなれるのです。

IMG_8902

★性別の見分け方は、生殖器と肛門の位置の違いで分かります。
離れていてでべそがついているように見えるのがオスで、
距離が近いのがメスです。

★目はクリッとして可愛らしいのですが、あまり目がいい方ではないようです。
暗がりで活発に行動するので、目よりも。耳の方が良く、音に敏感なようです。

★★聴覚と嗅覚で行動するので、飼い主さんの匂いが安心できると分かると、態度が違ってくるので
よくお世話をする人には、可愛い顔を見せてくれますよ。
エサをあげる時に、優しく声をかけて手の匂いを覚えてもらうと、餌を上げない家族とは態度が違うので
お世話する側としては嬉しいものです。

[ad]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする