ハリネズミを飼うまでの事

ハリネズミを飼うまでの事

ハリネズミを飼うことを決めた時に、ネットや書籍などをいろいろ調べ回って想像を膨らませていました。購入できるペットショップを行ける範囲で、電話をかけて調べました。いるのがわかればせっせと通ってどんな子がいるのかワクワクしながら見て回りました。小さいハリネズミは、やっぱりとっても可愛いので一目ぼれをしてしまいがちなのですが
飼う環境が良くわからないので、情報を集めて考えました。

何が必要で、どんな生体で本当に飼えるのか???

現在ペットとして飼う事が出来るのはアフリカ原産の、でもタイや、台湾、その他外国で繁殖させて輸入したものがほとんどで、ルートがあれば国内のブリーダーさんが育てられたハリネズミとご縁があるかもしれませんが、私の場合は、ペットショップの小動物コーナーで販売されている子たちでした。と、言っても劣悪な環境ではなく、人気もあって入荷からすぐにおうちが決まっていくような感じのところで、展示も2匹程度が広めのケースでいるか、個別のケースでの保管状態なので、健康状態は良いようでした。

食事や便の様子次第で、販売を見合わせている感じのお店でした。
そこに通ってどんな物が必要なのか、値段はネットと比較してどっちがいいのか?なんてことをそれは真剣に考えていました。いわゆる、ハマっちゃった状態で朝から晩までハリネズミのことで頭がいっぱいでした。

そんな時って、生体のハリネズミだけでなくグッズや布の絵柄までハリセンサーが脳に設定されたように、目に情報が飛び込んでくるから不思議です。雑貨店に行っても手芸店に行ってもすぐにハリネズミ柄を発見してしまって、これはもうハリネズミ病に間違いないと思い、一緒に暮らさなくては私は病気になるに違いない!!!と、かなり自分勝手な理論で家族を説得してしまいましたw

[ad]

ハリちゃんのお迎え準備

そしていよいよお迎えの準備が始まりました。
何をそろえたらいいのか?と、思いましたが、親切に飼育セットなるものが販売されているのでそれを見ながらそろえることにしました。初めはネットでも衣装ケースを工夫して買っている情報を見て小さめの衣装ケースを購入しました。
ふたのところを加工してバーベキューの網を取り付けて飼育ケースにしました。
作業中の写真を撮っているので、また別の期会にご紹介します。

一般的に必要とされるもの

・飼育容器
・敷材
・ハウス
・食器
・回し車
・餌・ペレット
・副食
などです。

適した温湿度
温度:24~28度
湿度:40%以下

この環境に一緒に居たら、私はとっても過ごしやすいので大歓迎です。
今もハリ達の隣でパソコン打ってる状況です。

IMG_6964 トリミング

[ad]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする