飼育環境 ケージ①

初めての手作りケージ

初めてハリネズミを飼おうとしたときに、衣装ケースを代用しました。
ホームセンターで衣装ケースを購入しました。そのふたの部分を加工して100均のバーベキュー用の網を取りつけました。

IMG_6929 小

IMG_6938 小

・ふたの部分は硬いので初めに油性ペンでラインを書いておき、小型のノコギリで気をつけて切り取ります。

・何か所かキリで穴を開けて網を取りとけるときに使います。

IMG_6939 小

IMG_6936 小

・でも衣装ケースは透明度が悪いので、写真の様に半透明の写真しか撮れないのでちょっと不満が残りました。

・当時の配置はこんな感じでした。

IMG_6932 小

IMG_7160 小

衣装ケースの横開きの飼育ケースをオークションで落札しましたが、外国製のものなのか国内で入手が出来そうになかったので残念です。

[ad]

ハリネズミ専用シャトルケージ

そこで、普通のハリネズミ専用ケージ「シャトルケージ70」を購入することにしました。
広々するかと思いましたが、回し車や、ハウス、エサ入れなどを入れると、結構狭くなるようです。

衣装ケースは通気性が悪くなるため、冬場は暖かくていいのですが、夏場は熱がこもってあまり良くないですね。
両方用意できればいいのかもしれませんが、結構スペースが必要になります。

飼育環境は静かで風通しが良く直射日光が当たらない場所に置く必要があります。
温度管理が出来るエアコンのある部屋がいいでしょう。
冬場は。小動物用のヒーターが必要です。

【追記】
うさ暖を購入しました。温度管理の出来るパーツも一緒に購入。
シャトルケージは冬は寒いので、100均の断熱シートを買ってきて敷いたり覆ったりして、さらに毛布をかぶせたり巻き付けたり、初年は分らずにあれこれ実験的に温度管理をしてみました。

結果、うさ暖が天井から温めるとまったりくつろいで快適そうでした。部屋の暖房は人間の都合で消してしまってもケージが一定なら問題ないようですね(*^▽^*)

[ad]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする