ハリネズミと金貨

子どもの新学期の教科書が配られました。小3です。その国語の教科書の中に「ハリネズミと金貨」というお話が載っていました。子どもが嬉しそうに教科書を持って教えてくれました。

『ハリネズミのおじいさんと動物たちの、思いやりあふれるロシアのお話。ロシアで人気のアニメ画家による描きおろし絵本。』だそうです。
Amazon説明より引用
—————————————————————————————————-
内容(「BOOK」データベースより)

森の小道で、ハリネズミのおじいさんが金貨をみつけました。年をとって、冬ごもりのしたくもたいへんになってきたので、この金貨で干しキノコでもかおうと、さがしはじめたのですが、みつかりません。―ハリネズミのおじいさんが、つぎつぎとであう動物たちは、みんな思いやりにあふれています。本来のお金の意味、人と人が寄り添って生きることの意味を思い出させてくれるロシアのお話です。5歳から。

内容(「MARC」データベースより)

ハリネズミのおじいさんと動物たちの思いやりあふれるお話。本来のお金の意味、人と人が寄り添って生きる意味を思い出させてくれる。ロシアの人気アニメ画家の描き下ろし絵本。
—————————————————————————————————-引用終わり。
作: ウラジーミル・オルロフ
絵: ヴァレンチン・オリシヴァング
訳: 田中 潔
出版社: 偕成社
—————————————————————————————————-

読んでみると、優しい心と、懐かしい気持ちを思いだすような素敵なお話でした。

小2016-09-03 15.00.34
  
ラルド★
「う~ん、どれどれぇ~~。ハリネズミのおじいちゃん、みんなにやさしくされてるうぅ~~!」
「この金貨、どうなるんだろう?誰も金貨欲しがらないなんて・・・!いい話じゃねぇ~~☆」
「・・・きっとmamaさんは、この後拾いに行くんだろうなぁ~~~w」って、おい!!
2016-09-03 14.23.57 トリミング

そんな心の声が聞こえてきた、純真な心をはるか彼方に落としてきたhanemiであった・・・w

おしまい。

[ad]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする